歯が綺麗は虫歯や歯周病を避けます!治療をうけるポイント

矯正治療の種類

これから矯正治療を受けようとしている場合、どのような方法がふさわしいのかを事前にある程度理解しておくことが望ましいといわれています。
では矯正歯科にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず挙げられるのが金属ブラケットを使ったタイプです。
これは金属でつくられたブラケットを歯の表側に接着するというもので、そこにワイヤーを通して歯を正しい位置に矯正していくという仕組みになっています。
これと同じ仕組みですが、より目立たないように工夫されているのが審美ブラケットといわれるものです。
金属ブラケットよりも目立たないものの、表側につけるので、装置自体は見えてしまいます。
さらに効果的だといわれているのが、従来の表側矯正装置よりも、ワイヤーとブラケットの摩擦力を減らしたセルフライゲーションブラケットといわれるものです。
上記にあげたほかの方法よりも痛みが軽減したり、効率的に治療できるのがメリットだといわれています。
また矯正歯科はどうしても目立ってしまうのが苦手だという方に人気になっているのが裏側矯正といわれるものです。
これは言葉のとおり、歯の裏側に装着するブラケットを採用しており、周囲の人から気付かれずに治療できるのが特徴になっています。
さらに取り上げることができるのが表側矯正と裏側矯正とを併用するハーフリンガル矯正というものです。
これは表側矯正と裏側矯正とを併用した矯正治療で、上顎の歯は裏に、下顎の歯は表にブラケットを付けるという治療方法になります。
そして上記のようなブラケットを使わないというのがマウスピース矯正になります。
これは透明で薄いマウスピース型の装置を用いて歯を矯正させるというもので、食事やブラッシングのさいに矯正器具を外すことができるので、日常生活への負担がもっとも少ないといわれています。
これらの方法による治療期間には差がありますが、治療期間や、治療中の痛みの感じ方には、個人差があるため、一概にどれが良いのかは言うことができません。
どの治療方法が良いのかどうかという点に関しては、自分の意思もあるものの、歯科医の判断による部分が大きくあります。
場合によっては歯の状態によって、特定の矯正器具が使えなかったりすることもありますので、よく歯科医と相談してみることが必要です。
またどの歯科クリニックでも治療可能というわけではなく、場合によっては特定のクリニックでしかできない場合もあるので注意が必要です。

Copyright (C)2018歯が綺麗は虫歯や歯周病を避けます!治療をうけるポイント.All rights reserved.